【暇つぶしに趣味をお探しですか?】超気軽に始められる趣味7選

暇で暇で仕方ないとき、「何か趣味でもはじめようかな」って思ったことありませんか?

お家でぼーっとしている時間も悪くありませんが、あまりその状態が長く続くと、なんとなくですが焦りを感じたりもしますよね。

筆者はもともと無趣味だったのですが、初対面の人に「ご趣味は?」と聞かれて答えられる趣味がなく話が盛り上がらなかった苦い経験がトラウマで、今ではかなり多趣味になりました。

でも、あまりお金がかかる趣味はなかなか手が出せず気軽に始められないですよね。

というわけで、今回は低予算で気軽にすぐ始められる趣味をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

暇つぶしですぐ始められる趣味7選

映画鑑賞

まずオススメするのは、映画鑑賞です。

映画館に通うとなればそこそこお金がかかりますが、お家でDVDを鑑賞するのであればそんなにお金はかかりません。

また、最近TSUTAYAなどDVDレンタルショップまで行かなくてもAmazonプライムなどで気軽に見たい映画を探すことができます。

映画もただ観るだけではなく、自分なりにテーマを決めて鑑賞するとかなり楽しむことができると思います。

例えば、今日はディカプリオ主演作品しばりにしようとか、サスペンス映画祭りにしようとか、この監督の作品だけピックアップしてみようなど、色々な角度から楽しむことができます。

映画選びで困ったかたは、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

読書

読書も安価ですぐにはじめられる趣味の一つです。

図書館に行けば無料で本を借りることができますし、本屋さんで新書を買っても1000円〜2000円くらいです。

読書というと小説を思い浮かべる人も多いと思いますが、読む本は正直なんでも構わないと思います。

小説でも実用書でも雑誌でもなんでもいいので、本を読むと知識の幅が広がり、いろいろなことに興味が出るようになってきます。

ちなみに筆者は昔は全く読書をしなかったのですが、今では年に5冊〜20冊くらいは読むようにしています。

読む本のジャンルは生活雑誌や実用書(株の本など)やビジネス書が多いです。

家でぼーっとしているよりは、普段の生活に役立ちそうな本を読んだほうが知識的にも精神的にも大人になれると思いますので、時間をもてあましているなら趣味として読書をはじめてみてはいかがでしょうか。

ゲーム

ゲームといっても色々な種類があります。

テレビゲームなどは初期投資で結構お金がかかりますが、その後は長く楽しむことができるものも多いのでコスパはそんなに悪くないと思います。

すぐに安く始めたいという方はスマホなどのオンラインゲームがオススメです。

筆者は、囲碁やオセロなどのボードゲームが大好きなので、電車の中などで楽しんでいます。

最近のゲームはかなり頭を使うものも多く(モンハンが好きなのですが、結構頭使いますよね)、また囲碁は集中力が身についたり考える力が向上する効果があるなんていいますよね。

正直、単純な動作ばかりのスマホゲームはどうかと思いますが、頭を使うゲームであれば暇つぶしにもなりますし、嬉しい効果があるものもあるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

資格取得の勉強

また、資格取得の勉強も暇つぶしにはちょうどいいですね。

筆者は英語が好きで趣味として英語の学習を続けていたのですが、今ではTOEICも870くらい取得できるようになりました。(そして仕事にも活かせるようになりました)

特にやることがないのであれば、職場で取得が推奨されている資格や仕事に役立ちそうな資格の勉強をしてみることをオススメします。

資格の勉強などは勉強しようと思っても、必要なときに限って勉強する時間がとれなかったります。

それなら、暇なうちにやってしまったほうが良くないですか?

資格取得を趣味としてる方も世の中にはいますので、ぜひ趣味としてはじめてみましょう。

◯◯めぐり

水族館めぐりカフェめぐりも楽しいです。

他にも美術館めぐりなどいろいろあると思いますが、暇なときは自分が少しでも興味がもてそうな場所に行ってみましょう。

◯◯めぐりの良いところは、何件かめぐってみるとそれぞれの違いやユニークな面が見えてくるところです。

まずは近場のスポットからはじめてみて、おもしろいなと思ったらお金を貯めて旅行がてら各地をめぐってみるのがオススメです。

地域によってはあまり水族館や美術館などの施設が充実してないところもあるかと思いますが、カフェや喫茶店、飲食店めぐりは比較的安価でトライしやすいのではないでしょうか。

スポーツ

健康的でなおかつ人と交流できる趣味として、スポーツはオススメです。

ジム通いと聞くと「月額費用が高そうだな〜」と思うかもしれませんが、地域によっては市営のジムなどがあります。

そういうジムは一回数百円程度で利用できますし、入会手続きなども簡易的もしくはなかったりするので気軽にはじめられます。

また、学生時代に何かスポーツをやっていた方は社会人チームに所属するのもいいかもしれないですね。

運動音痴な方にとっては、スポーツは魅力的な趣味には映らないかもしれません。

しかし、運動不足は将来年を取ってから寝たきりになる可能性が高くなることをご存知ですか?

予防するには若い頃から筋肉が衰えないように維持することが大切です。

筆者も運動大嫌いですが、正直趣味としてではなく健康のために毎日10分ずつ筋トレをしています。

10分の筋トレでもかなり効果があるので、暇な方は健康のためにもぜひ運動をはじめてみてくださいね。

お料理

最後に紹介するのはお料理です。

健康面でも経済面でも恋愛面でも、料理はできるにこしたことがないと思います。

コンビニのお弁当や外食続きだとメニューにもよりますが、不健康になったりお財布に負担がかかったりします。

男女関係なく、料理はできたほうがモテるのも確かです。

料理を趣味として楽しむコツとしては、まずは簡単なものからはじめて徐々に難しいものや外国の料理に挑戦してみることだと思います。

筆者は一人暮らししたての頃はかろうじてカレーとチャーハンが作れる程度でしたが、今はパエリヤやキッシュやローストビーフに挑戦するまで成長しました。

料理が上達してきたら、手料理を持ち寄ったホームパーティーをひらくと楽しいと思います。

やはり食べてくれる人がいるのといないのではモチベーションが違いますからね。

オレンジページなどの料理雑誌を買ってみると、おしゃれでおいしそうな料理がレシピつきで載っているので、料理欲が刺激されると思います。

ぜひ、趣味として料理を楽しんでみてくださいね。

目次にもどる

趣味を探すヒント

以上、簡単にはじめられる趣味を7つご紹介しました。

衣食住でさえ、それぞれに興味をもてば、衣はファッション、食は料理や食べ歩き、住はインテリアという風に趣味になりそうなものはたくさんあります。

また、海外の映画を観ているうちに、撮影で使われた場所に興味を持ち実際に行ってみることもあると思います。

そこから海外旅行が趣味になったりと、一つの趣味からいろいろな趣味が派生していくこともありますよね。

まとめると、趣味を探すコツは「いかに周りの世界に興味を持つか」ということだと思います。

目次にもどる

まとめ

多趣味になってから、無趣味だった頃はなんて周りの世界に無関心だったんだろうと思いました。

実際、多趣味になって世の中に「好き」が増えてからのほうが人生楽しく充実しています。

ただ悩みとしては、多趣味になると時間のやりくりに非常に苦労するということです。

多趣味になってから時間の使い方もかなり意識するようになり、残業をしないようにしたり、人混みを避けたりと色々工夫して趣味のための時間を捻出しています。

以上、気軽に始められる趣味でした。参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする