田舎で育ったミナミ直伝!トンボを素手で捕まえる方法!

こんにちはー!小さい頃は主に山の中や川で遊んでいたミナミです!

昔は人口が5000人程度の村に住んでいて、まったくエンターテイメント要素がない場所で育ちました。カラオケとかゲーセンとかないですし、デパートとかもなかったんです!

なので、小さい頃の私は、川遊びとか森の中に何か探しにいったり、そこらへんで昆虫を捕まえたりして遊んでいました!

では、そんなミナミが田舎暮らしで培った「トンボを素手で捕まえる方法」を今日はご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

まずはじめに

はい、今日はトンボを素手で捕まえる方法をご紹介します!

夏休みとかに家族で田舎に行ったり、森でキャンプしたりすごく楽しいですよね!

都会じゃトンボってあんまり見ませんけど、田舎に行くとトンボがたくさん!(季節にもよります。夏〜秋くらいですかね。)

小さい頃は田舎に住んでいて、網を使わず素手で一日に10匹〜30匹くらいトンボを捕まえていました。

道具がないとそれなりに頭を使います。では、トンボの捕まえ方いってみよ〜

目次にもどる

一般的なトンボの捕まえ方

一般的なトンボの捕まえ方で必要な道具は、虫網と虫かごです。

方法としては、

  1. まず、トンボを見つける。
  2. トンボを見つけたら、網を構えつつ、トンボの背後からそ〜っと近づく。
  3. 射程圏内に入ったら、トンボめがけてすばやく網を振り下ろし、トンボを捕まえる。
  4. 捕まえたトンボは虫かごに入れる。

というのが一般的なトンボの捕まえ方です。

一般的なトンボの捕まえ方のデメリットとしては、いちいち動きが大きいのでトンボに気付かれやすいということです。気付かれると逃げられちゃいますし、その後も警戒されてしまい、なかなか捕まらなくなってしまいます。

あと、網の中のトンボを虫かごに移す際に取り逃がしてしまう可能性がある、ということですかね。

トンボに直接触りたくないと思っても、網から虫かごに移す作業でどうしても触らなくてはいけません。腹をくくりましょう。

大丈夫。トンボにかまれてもたいして痛くないし、トンボってべたべたしたりしませんから。ただ、生き物だから優しく扱ってあげてくださいね。

あ、あと触るときに羽をもつと、人間の手の油がついて飛べなくなっちゃいますので、持つときは羽が生えてる付け根のところを優しく持ってあげてください!優しくね!

なかなか出会わないと思いますが、大きなトンボ(オニヤンマ)とかは噛まれるとそれなりに痛いので要注意!

目次にもどる

ミナミが考案!トンボを素手で捕まえる方法

はい、ではいよいよ素手でトンボを捕まえる方法をご紹介します!

必要な道具は虫かごくらいですかね。虫が入ればなんでもいいです。

基本的に、わたしはキャッチアンドリリース方式だったので、虫かごは持たずに捕まえては逃がし、捕まえては逃がしって感じでした!

トンボを素手で捕まえるっていうと、後ろからそ〜っと近づいて、手で羽をぱしっと掴んで捕まえる方法がありますが、それではありません。

その捕まえ方だと、トンボの羽に人間の手の油がついてしまい、トンボに優しくないんですよね。油がついてしまうと、羽がダメになってしまい、飛ぶ力が弱くなってしまうんです。

前置きが長くなりました・・・では、ミナミ式トンボの捕まえ方をご紹介します!

  1. トンボが止まりそうな枝や棒に、人差し指を立てた状態で自分の手を置くなり近づけるなりする。(枝や棒が見つからなければ、空中に人さし指を立てた状態で待っても可。)このとき、腕は出来る限りのばして、人差し指を立てた状態の手と体は出来るだけ距離を保つ。イメージ的には、自分の人差し指をトンボの止まり木にしてあげる感じです。
  2. トンボが止まるのをひたすら待つ。このときに気配を察知されてはいけないので、出来るだけ動かず、息をひそめて待ちます。
  3. トンボが止まったら、素早く人差し指と親指でトンボの「」を捕まえる。トンボが人差し指に止まっている状態で、すばやく捕まえましょう。イメージ的には、すばやく人差し指と親指を合わせる感じです!トンボも、まさか止まり木が動くなんて思ってないので、結構すんなり捕まります。なるべく、ソフトに早く捕まえるイメージです。あんまり強くつかむと足が取れちゃうので・・・(涙)

これが、ミナミ式トンボの捕まえ方です!

ポイントは、止まり木になりきるということと、親指と人差し指で足を掴む速さですね。

この方法で、トンボを見つけてから最速10秒くらいで捕まえたこともあります。トンボが指に止まってくれさえすれば、超カンタンです。

目次にもどる

まとめ

今回はトンボの捕まえ方についてでした!

現代っ子はゲームとかおしゃればっかりであんまり自然に興味ないかもしれないけど、トンボ捕まえるの楽しいよ!でも、ちゃんと逃がしてあげてね!

捕まえたらトンボを近くで観察してみましょう。仮面ライダーみたいな顔してておもしろいですよ。

トンボの捕まえ方でわからないことがあったらいつでも連絡してね!

目次にもどる

田舎に住んでいた頃の話は他にもあります!

【本当の話】ニワトリは、超なつく。

田舎暮らしと都会暮らしに興味がある人は以下の記事もどうぞ!

田舎暮らしも都会暮らしも経験したわたしが思う、それぞれの良いところと悪いところ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする