【趣味探しシリーズ】家で1日5本映画を見てみた。

せっかくの休みなのに、今日は何もやることがない!予定がない!・・そんなときありませんか?

これと言った趣味もないと、ヒマな休日の過ごし方に困ったりしちゃいますよね。

そして、はじめて会った人に「ご趣味は?」と聞かれたときに、何も趣味がなくて話が広がらないという苦い経験をしたので、「何か趣味作ったる!!!!!!」と思い映画鑑賞に手を出しました。

ちなみにわたしはDVDをレンタルしてお家で映画鑑賞するのが好きです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

映画鑑賞を趣味に選んだ理由

映画鑑賞を趣味に選んだきっかけは「レオン」という映画でした。

「レオン」は有名なので、ご存知の方も多いですよね。

小さい頃に一度見た事があり、そのときになんだか衝撃を受けた記憶が残っておりまして、大人になってから「あ、そうだ。あの映画もう一回見てみよう」と思い立ったのがきっかけです。

で、もう一回見てみたら、すごくおもしろいなと思ったんですよね。

小さい頃に見ても意味わかんなかった映画って、大人になってから見るとおもしろかったりするんだな、ということに気付き、「もっと他の映画も見てみよう!」と1日に5本映画を見てみることにしました。

あと、TSUTAYAで旧作100円だったから一日5本見ても500円じゃん!とコスパがいいことに気付いたからです。

目次にもどる

家で1日5本映画を見るとき快適に過ごすポイント

家で見ることを前提に快適に過ごすポイントを2つ紹介しますね。

まず1つめは、映画のチョイスですが、5本選ぶときは全部同じジャンルにしないことをおすすめします。

なぜかというと、5本ともラブストーリーは絶対飽きるし、5本ともサスペンスは内容によっては気分がだんだん落ち込んでくる場合もあるからです!

1日5本見るということは、1本2時間だとして10時間は映画を見てるわけです。

なので、できるだけジャンルはバラバラにすることで、飽きずに見る事が出来ます。

それから、5本目の映画はハッピーエンドな映画を持ってくることをおすすめします。なぜかというと5本目を見終わった頃には恐らく寝る時間なので、あまりハードな内容の映画(ホラーとかバッドエンドとか)を見ると眠れなくなるからです!!!

2つめは、好きな飲み物や食べ物を準備して、お家をちょっと良い映画館状態にすることです。

映画館でもポップコーンとかコーラとかありますが、正直わたしはポップコーンよりもケーキとか食べたいし、コーラよりホットコーヒーとか紅茶とか飲みたいので、自由にカスタマイズしてお家で好きなものをいただきながら映画を楽しみましょう!

夜には、美味しいお酒と美味しいおつまみを準備して映画鑑賞するのも大人の楽しみ方のひとつですよね。

※スプラッタホラーや、サスペンスのグロいシーンは食欲がなくなるので無理して食べないようにしてくださいね!

目次にもどる

映画をたくさん見て良かったこと

と、こんな感じで毎週末映画を1日5本見ていた時期がありました。

毎週末見ていると結構な数の映画を見ることになり、気付くと100本以上映画を見ていました。(映画通の方からしたらまだまだの数字ですが)

映画を見て良かったことは3つあり、1つは雑談のちょうどいいネタができた、ということです。

ちょっと古めの映画だと、結構年上の人とも共通の話題が出来ますし、ハリウッド映画だと外国人の人とも共通の話題が出来ちゃいます。

2つめは、知識が豊富になるということです。

映画は実話ベースで制作されているものや、宗教や社会問題をベースに制作されているものも多いので、その映画を見た後に理解できなかった内容を調べると知識が深まります。

日本に住んでいると日本国内の問題のみに目がいきがちですが、映画を見ることで世界的な問題にも関心を持つことが出来ます。

3つめは、さまざまな映画を見ることで視野が広がるということです。

たとえば、宗教の違いによる価値観の違いとか、国が違えば映画の構造に違いがあったり、今まで知らなかった綺麗な風景が撮影シーンに使われていたりで新たな発見がいっぱいです!

今まで知らなかったイケメンな俳優さんや可愛い女優さんも知る事が出来ますしね!

過去の名作などを見ていると今は大御所のハリウッド俳優の幼少期などが見られたりしてすごくおもしろいです。

みなさんもぜひ、映画鑑賞してみてくださいね!

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする