【趣味探しシリーズ】クリオネのバッカルコーンを見て、水族館めぐりにハマった話。

今日はかなりおすすめの趣味「水族館めぐり」について、つらつらと書きたいと思います。

みなさんは、クリオネのバッカルコーンをご存知ですか?

はじめて見たときはかなり衝撃で、これがきっかけで水族館めぐりにハマってしまいました。

海の生き物は、見た目も生態も多種多様で見ていて本当に飽きません。

ぜひ、水族館に行って海の生物を間近で観察しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

水族館めぐりのきっかけはクリオネ

数年前、池袋のサンシャイン水族館にて。

当時、まだ水族館めぐりにハマっていなかった私は、クリオネのバッカルコーンと遭遇することに。

バッカルコーンとは、クリオネが補食する際に出す触手のようなものです。気になった人は「バッカルコーン」で検索をしてみてください。

特にエサの時間というわけでもなかったのに、なぜか一匹だけ水槽のガラスにむかってガジガジと噛み付くように、バッカルコーンを動かしていたんです。

「これが噂のバッカルコーンか!!!!!!(なぜかバッカルコーンを知っていた)」と周りのどん引きな反応も気にならないくらい、水槽の前を占領して「すごい!!!やばい!!!!!奇跡!!!!!!!」とはしゃぎまくったのを覚えています。

それ以来、クリオネのバッカルコーンは見れてないので、なかなか貴重な経験をしたんだと思います。

そして、私は水族館の魅力に取り憑かれてしまったのです!
目次にもどる

私流水族館の楽しみ方

私流水族館の楽しみを紹介します。

私は、イルカとかペンギンがいる、ザ・水族館って感じの水族館より、ちょっと変わった水族館が好きです。

「沼津港深海水族館」は、深海生物をメインに展示していてシーラカンスの剥製もあれば(ここにしかない)、なぜかゴキブリも展示されています(しかもむき出し)。

そして近くのお寿司屋さんでは深海魚のお寿司が食べられます(季節によっては禁漁みたいなので、ご注意。)

この間は「ヨコハマおもしろ水族館」へ行ってきました。

ここもすごくユニークで(笑)「エビ」と「エビの天丼」のオブジェが一緒に展示されているというクレイジーぶり。生き物の生態を上手に利用した面白い展示が多いのが魅力的でした。ちなみにここは海の生き物の赤ちゃんもいるので(しかも展示室が保育園仕様(笑))、水族館めぐりにハマったらぜひ行ってみてほしいですね!

こんな感じで、規模が小さくても他のところよりユニークな特徴がある水族館が大好きです。

今興味があるのは「エビとカニの水族館(和歌山県)」です。あと、淡水魚水族館も気になるなー。

あと「犬吠崎マリンパーク(千葉県)」の外観のB級感もめっちゃ気になる。水族館なのに入り口に恐竜。なんでだよ。

もし、水族館めぐりを趣味にして、各地の水族館を攻めていくならば、絶対こういうちょっと小さめの水族館に行くことをおすすめします!

なぜなら、大きい水族館は飽きるからです。万人が楽しめるように作ってあるから何件かはしごすると多分飽きちゃう。間にこういう変化球をいれるのがおすすめです。でもデートのときは、大きい水族館がおすすめ。

水族館めぐりの関連記事もあります。

水族館は、魚の種類だけではなく、展示方法も各水族館で工夫してあるのでおもしろいですよ〜

目次にもどる

水族館巡りの他に、カフェ巡りもやってます。

【趣味探し】暇つぶしのカフェめぐりが、気づいたら趣味レベルになっていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする