英会話サークルは英語学習に役立つ?参加者や雰囲気は?

筆者は、普通の英会話やオンライン英会話に加えて、英会話カフェまで幅広く参加したことがあります。

ちなみに、スコットランドにホームステイ経験もありますし、我が家にフランス人をホームステイさせた経験もあります。

もちろん、英会話サークルにも参加したことがあります。

今日は、英会話サークルの参加者や雰囲気、英会話サークルは英語学習に役立つのか、などについて書こうと思います。(あくまで私の意見です)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

英会話サークルとは

英会話サークルとは、主に首都圏を中心に活動している、参加者は日本人のみの英語学習サークルです。

参加費用は、1回500円と格安です。

わたしは、千葉の英会話サークルにたまに顔を出しています。

千葉では人数はだいたい20〜30人くらいで、4〜5人ずつレベル別でテーブルごとにわかれて会話をします。進行役のスタッフさんが1人います。

最近は、この英会話サークル以外にも、各地域で個別に英会話サークルがあるみたいですが、そちらには参加したことがありません。

目次にもどる

英会話サークルに参加している人たち

料金が安いこともあり、様々な年齢層の方が参加しているイメージです。

千葉だけかもしれませんが、シニア層が結構多い印象です。(もちろん、社会人の方や大学生の方も参加しています。)

レベル分けは、初級者は本当に英語を勉強し始めた人、中級者は少し英語がしゃべることができる人、上級者は海外在住経験がある人や英語ぺらぺらな人で分けられているイメージです。

レベルはあくまで自己申告なので、少し上のレベルに挑戦することも可能です。

参加してみてレベルが合わなかった場合は、スタッフに相談して席替えもできます。

ちなみに、他の参加者から聞いた話によると、英会話サークルの開催地域によって参加者層は様々なようです。

ビジネスマンが多い地域で英会話サークルに参加すると、参加者のレベルが全体的に高いそうです。

目次にもどる

英会話サークルのメリット・デメリット

英会話サークルのメリット
  • 思う存分、英語をアウトプットできる

英会話サークルでは、話す時間がたっぷり設けられていますので、思う存分英語をアウトプットすることができます。

  • 様々な境遇の人と出会えていい刺激になる

英語には直接関係ありませんが、様々な方が集まっているので、良い刺激になります。

海外に在住歴はなくても英語がペラペラな方もいますので、そういう方には勉強法の秘訣を聞くこともできるでしょう。

  • 自分の英語レベルを客観的に見ることができる

英会話サークルに参加することで、自分の英語レベルがわかると思います。

1人で勉強していると、なかなか自分のレベルってわからないですよね。

たまには、英会話サークルのような勉強会に参加して、自分のレベルを客観的に認識することも大切です。

英会話サークルのデメリット
  • 日本人しかいないので、間違った英語をそのまま覚えてしまう可能性がある

英会話サークルの参加者は日本人のみなので、間違えた英語を使っても誰も指摘してくれず(できず)、間違えた英語をそのまま覚えてしまう可能性があります。

逆に、自分が間違えた英語を使ってしまったり教えてしまい、他の人が間違えた英語を覚えてしまう可能性もあります。

ですので、納得できない英語はメモを取って、家に帰ってからもう一度見直したほうがいいと思います。

  • 英語をインプットしてこないと、アウトプットする材料がない

英会話サークルは、先生がいて英語を教えてくれるわけではありません。

あくまで英語をアウトプットする場所なので、あらかじめ英語をインプットしてこないと、アウトプットするための材料がありません。

最低限、自分の自己紹介や、学校の専攻、職場に関連する英単語くらいはインプットしてこないと、せっかくのアウトプットの場を活かしきれないことになります。

  • 日本人同士なので、日本語で話し始めてしまう

日本人同士なので、わからない単語や表現方法があるとき、どうしても日本語で聞いてしまうことがあります。

でも、実際に英語を話す場面では、これでは通用しないので、できる限り英語で伝えるようにがんばりましょう。

ちなみに、DMM英会話を3ヶ月間毎日受講したことがあるのですが、DMM英会話は日本語を話せない先生だらけなので、かなりいい練習になりますよ。

目次にもどる

英会話サークルは英語学習に役立つか

英会話スクールや英会話カフェに比べると、「英会話サークルに参加して、英語が上達するんだろうか?」と思う方も多いでしょう。

個人的には以下のように活用すれば、英語が上達すると思いますので、良かったら参考にしてみてください。

英会話サークルに参加する前に、「実用的な英文」のインプットをしよう

個人的に思うのは、「英会話サークルに参加するだけでは英語は上達しない」ということです。

何度も書いていますが、日々のインプットありきの英会話サークルでのアウトプットだと思うので、手ぶらで参加してもあまり収穫は得られないでしょう。

インプットするときに注意してほしいのが、「実用的な英語をインプットする」ということです。

例えば、「彼はもう二度と戻ってこない」という意味の英文をインプットしたところで、こんなの日常会話では99.9%使いませんよね。

そういう英文よりも、「私は独身です」「彼氏とは付き合って2年経ちます」「会社まで電車で往復2時間もかかるんです」などの実用的な英文をインプットしましょう。

このような実用的な英語を事前にインプットし、英会話サークルでアウトプットして頭にたたきこみましょう!

英会話サークルで、自分の苦手な言い回しに気づこう

英語が上達しない人で見落としがちなのが、「自分の苦手な言い回し」です。

英会話サークルに参加したときに意識してほしいのが、「英語をしゃべっているときに、どこでつまづくか」です。

つまづく=苦手な言い回し(うろ覚えな言い回し)なので、そこを重点的に練習して克服することで、さらに英語力アップが見込めます!

英会話サークルはあくまで練習の場所なので、苦手な言い回しを見つけるにはピッタリです。

苦手な言い回しだけではなく、表現がわからなかった英単語や英文もメモしておいて、家に帰ってから正しい言い方をチェックするのがオススメです。

目次にもどる

他の英語関連の記事はこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする