【映画】エターナル・サンシャインあらすじ・感想。辛いことにも意味がある。

少し前にエターナル・サンシャインを観た(2回目)ので、ネタバレ・あらすじ含む感想を書きます。

エターナル・サンシャインには、ジム・キャリー(ジョエル)とケイト・ウィンスレット(クレメンタイン:役柄、髪の毛の色がめっちゃ派手)がメインで出演しています。

この映画はジャンル的にはロマンスなのですが、甘すぎないラブ・ストーリーなので、私は好きです。

最近失恋してしまった人や、何か嫌なこと・辛いことがあった人にぜひ見てもらいたい映画です。

では、ネタバレ&感想をどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




エターナル・サンシャインのあらすじ・ネタバレ&感想

まず、エターナル・サンシャインを観た感想です。

それは、「どんなに辛いことがあっても忘れたら意味がない」ということです。

この感想を説明するためには、あらすじが必要なので、ざっくりとあらすじを紹介します。

エターナル・サンシャインあらすじ

エターナル・サンシャインは記憶除去手術を受けた男女二人(ジョエルとクレメンタイン)の物語です。

なぜ、記憶除去手術を受けたのかというと、クレメンタインはジョエルと喧嘩した嫌な思い出を消すため、ジョエルはクレメンタインが記憶除去手術を受けたことがショックでその記憶を消すために手術を受けます。

しかし、ジョエルは、いざ記憶除去手術を受けることになると、記憶を消されないように頭の中で抵抗し奮闘します。

ですが、抵抗もむなしく、結局記憶は消されてしまうのです。

ジョエルとクレメンタイン二人とも記憶が消されてしまったあと、二人が最初に出会った海辺で、偶然にも再び出会うことになります。

そして、記憶を消される前と同じようにお互い惹かれあい、また恋に落ちるのです。

しかし、記憶除去手術をする病院の受付の女の子が、ワケあって手術を受けた患者の記憶情報を本人に送りつけます。

情報(カセットテープ)が届き、二人は以前付き合っていたこと、記憶除去手術を受けたことを知ります。

そして、相手に対して抱いていた不満も知ることになります。

このカセットテープを、ジョエルとクレメンタインが一緒に聞くことになるので、もちろん相手が抱いていた自分への不満も知ることに。

もちろん、(なかなかひどいことを言っているので)不満のテープを聞いたあとは、お互い怒り、自信をなくします。

ジョエルの家でテープを聞いていたクレメンタインは、ジョエルの不満にショックを受け「やっぱり帰るわ」と家を出て行きます。

ジョエルが追いかけますが、「どうせまたダメになるわ」とクレメンタイン。

しかし、それを聞いたジョエルは「いいさ」と微笑みます。

クレメンタインは驚き、その後少し笑いながら「そうね」と返します。

お互い見つめ合い、少し微笑みあいながら、エンディングとなります。

エターナル・サンシャイン感想

さて、ざっくりあらすじを説明しました。

冒頭で、「どんなに辛いことがあっても忘れたら意味がない」と感想を書きました。

なぜかというと、どんなに辛いことでも忘れてしまったら、また同じ誤ちを繰り返すからです。

つまり、どのみちまた辛い目にあうのです。

あらすじでは省きましたが、記憶除去手術を受けた患者にカセットテープを送りつけていた受付の女の子自身も、実は以前患者だったのです。(記憶が消えたので覚えていない)

この女の子が記憶を消した理由は、記憶除去手術のドクターとの不倫の記憶を消すためでした。

しかし、記憶を消しても、人間の根本的なところは変わりません。

結局、好きになるタイプの人間は記憶を消す前と変わらないので、またドクターに恋をしてしまい、キスをしてしまいます。

キス現場をドクターの奥さんに偶然見られてしまい、謝りに行ったところ、記憶除去手術を受けていたことが判明します。

これを知り、ショックを受けた女の子は、受付を辞め、患者の情報を持ち出し「記憶を思い出してほしい」と元患者たちにカセットテープや思い出の品を送りはじめます。

女の子がこのような行動に出たのは、「記憶を消すことは意味がない。間違っている」とわかったからだと思います。(個人的な意見ですが)

話は変わって、ジョエルとクレメンタインに戻ります。

ジョエルとクレメンタインもお互いの記憶を消し、お互いのことなどまったく覚えていないはずなのに、また出会って恋をします。

記憶を消してもまた恋に落ちるなんて「運命」だわ、なんて考え方もできると思いますが、わたしはこう思います。

記憶を消しても、人間の根本的なことは変わらない。だから、もう一度恋に落ちたのだ、と。

辛い記憶を消しても、覚えていなければ、また同じことを繰り返してしまうのです。

ジョエルとクレメンタインの場合、カセットテープでお互いの欠点を知った上でよりを戻しているので、今度はうまくいく可能性もあるかもしれません。

でも、もしお互いの欠点を知らないまままた恋に落ちていたら、結局また同じことを繰り返していたでしょう。

嬉しい経験も辛い経験も含めて、人間は成長できるのです。

辛い経験を忘れてしまったら成長することができず、また同じ誤ちを繰り返してしまうのです。

というわけで、「どんなに辛いことがあっても忘れたら意味がない」というのが、わたしがエターナル・サンシャインを見た感想でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする