スマホの写真が売れちゃうアプリ【Foap】で稼げるかやってみた。

みなさんは、「Foap」をご存知ですか?

簡単に言うと、スマホで撮れた写真も売れちゃうSNSアプリです。

ちなみに、普通に撮影した写真でもデータがあれば大丈夫です。

「在宅でなんか稼げそうなことないかなー」と海外のブログを読み漁っていて、Foapの存在を知りました。

はじめるのも簡単そうだったので、本当にスマホの写真で稼げるのか実際にやってみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

Foapとは?

冒頭でも書きましたが、Foapとは、スマホで撮った写真を簡単に売れちゃうSNSアプリです。

App Storeなどで、検索するとすぐ出てきます。

「SNS?」と思った方もいると思いますが、写真を投稿すると他のユーザーが評価してくれたり、コメントを残してくれたりするので、SNSなのです。

また、TwitterやInstagramのようにフォローもできます。

ユーザーが投稿した写真を、写真素材が必要な人もしくは会社が買い取るという仕組みです。

登録するときは、FoapとPaypal両方登録しなくてはなりません。(支払いが発生するので)

SoapよりPaypalの登録のほうが面倒くさい印象でした。Paypalアカウントをすでに持っている方は楽チンですね。

目次にもどる

どうやってお金が稼げるの?

お金の稼ぎ方は3つあります。

1つは、自分が撮った写真を投稿して、誰かに買ってもらうこと。

このパターンの場合、売れた金額の50%がユーザーに還元される仕組みです。

2つ目は、企業や団体(NIVEAやGetty Imagesが多い)が主催している「ミッション」に参加すること。

ミッションでは、様々なお題が出されます。たとえば「夏」とか「東南アジアの食べ物」とか。

このミッションに参加して、見事選ばれることができれば、100〜200ドルほどの賞金を獲得できます。

今まで見た中で一番高額だったのは、約30万円(2800ドル)の賞金でした。

賞金が高額なので、ミッションは競争率高めです。

最後3つめは、「アルバム」を作成することです。

アルバムとは、あるテーマの写真をアルバムとしてたくさんあつめることです。

たとえば、「花」をテーマにしたとしたら、花の写真をたくさん集めてアルバムを作ります。

このアルバムの中の写真は他のユーザーの写真でOKで、もし写真が売れるとアルバム作成者が0.25ドル(25円くらい?)、写真の持ち主が5ドル獲得できる仕組みです。

この3パターンでお金を稼げるようになっています。

目次にもどる

実際にFoapをやってみた

さて、実際にFoapをやってみました。

投稿した写真は56枚です。

お出かけした際に撮った写真なので、風景や花など自然の写真が多いですね。

で、肝心の稼げたかどうかというところなんですが、残念ながら一銭も稼げませんでした

私は一銭も稼げませんでしたが、ちゃんと写真が売れている方も結構いました。

売れる写真の特徴は、「写真素材サイトにありそうな感じの写真」でした。

例えば、我々ブロガーはブログのイメージ画像を写真素材サイトから持ってくるわけですが、そういう使い勝手の良さそうな写真が売れているようです。

ちなみに、私はアルバム作成やミッション参加はしていません。

たまに、すごく難しいミッションがあるので、そういうミッションは狙い目かもしれません。

アルバムは数撃ちゃ当たる方式でたくさん作成してるユーザーも結構見受けられました。

目次にもどる

金儲け抜きでFoapの楽しいところ

さて、Foapで金儲けは出来ませんでしたが、なかなか楽しいアプリだなと思いました。

星5段階方式でユーザーが写真を評価してくれるので、良い評価をもらったときはとても嬉しかったです。

写真が趣味の方で、作品に対してフィードバックをもらう機会がなかなかない方は、金儲け抜きで楽しめると思います。

また、国際交流というか、外国の方が投稿した写真も純粋に楽しむことができます。

観光地ではなく、日常の写真が投稿されているのでローカルな雰囲気が写真づてに伝わってきます。

またコメント欄にコメントを残すことも可能なので、国際交流が好きな方にもオススメです。

目次にもどる

まとめ

Foapでお金を稼ぐのは難しそうだな、というのが正直な感想です。

ミッションのように高額な賞金が出る場合、もちろんプロ(っぽい)の方も参戦しています。

わたしみたいな素人の写真とは雲泥の差で、なかなか勝ち抜くのは難しいだろうな、と思いました。

また、別のユーザーが撮って売れた写真も一覧で見ることができるのですが、その中には「え?なぜこの写真が売れたのかな?」というような写真もあったので、素人の写真でも売れる希望はありそうです。

写真が趣味の方で、自分の力試しをしたいという方は、英語さえ抵抗がなければすごく簡単にはじめられるので、ぜひトライしてみてくださいね。

ちなみに他にも、お小遣いを稼ぐ方法を紹介していますので、よかったら見てくださいね。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする