鋸山に行くときは「鋸山」とナビで検索しても辿り着けない。

この前、千葉県の「鋸山」に車で行ってきました。

鋸山へ行くのは2回目だったのですが、自力で行くのは今回が初めてでした。

ナビがあればすんなりたどり着けるだろうと、ろくにアクセスの下調べもせずに向かったのですが、なんと辿り着けなかったのです。(最終的には辿り着けました。)

ナビで「鋸山」と検索すると、無駄に高速に乗せられるあげく、しかも高速の途中が目的地になってしまいます。(千葉方面から向かった場合)

つまり「鋸山のどこか」が目的地になっていて、入り口や駐車場などにたどり着けるわけではないのです。

他にも困っている人がいるかもしれないので、今日は鋸山までのアクセスを記事にしておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

ロープウェイに乗るときは「鋸山ロープウェイ」でナビ検索

ロープウェイに乗る場合は、「鋸山ロープウェイ」でナビ検索をすると、ロープウェイ乗り場までたどり着くことができます。

私は最初ロープウェイに向かったのですが、結構混んでいまいした。(ちなみに土曜日に行きました)

混んでいたので、私は有料道路から行くことにして引き返したのですが、道もなかなか狭いので、渋滞がひどい場合は引き返すのが難しそうだなと思いました。

ちなみに風が強い日はロープウェイが止まる場合もあるようです。

ロープウェイは「地獄覗き」の近くまで行けますが、想像よりは歩くことになると思うので、歩きやすい靴がオススメです。

目次にもどる

有料道路は「鋸山ロープウェイ」でナビ検索して、127号線を行く

東京(千葉)方面から向かう場合、「鋸山ロープウェイ」でナビ検索します。

そうすると国道127号線(海沿い)を走ることになると思います。

有料道路へは、鋸山ロープウェイには寄らずそのまま127号線を走り、トンネルを抜けていくと、「登山自動車道(有料)」が見えるはずです。

料金所があるので、スタッフの方に1000円払います(駐車場代込み)。

そのまま、道路を登っていくと地獄覗き近くの有料駐車場まで辿りつけます。

こちらも地獄のぞきまでは、思ったより歩くことになると思うので、歩きやすい靴でいきましょう。

目次にもどる

無料駐車場へは、「鋸山観光自動車道」

無料駐車場へは、「鋸山観光自動車道(無料)」を使います。

「鋸山観光自動車道」を登ると、無料駐車場へ辿りつけるようです。

無料駐車場は使わなかったので、どのようにナビ検索すればいいのかハッキリしていません。ですので、「鋸山観光自動車」を使うということだけにとどめさせていただきます。

ただ、無料駐車場を使う場合は、地獄のぞきまではガチな山登りになります。

道は整備されていて、階段などありますが、傾斜が急なのでそのつもりで行った方が良いです。

また、当たり前ですが、一度上まで登ったら、駐車場まで降りないといけないのでなかなかハードだと思います。

目次にもどる

鋸山に行くときは、目的によって向かう場所が違う

このように、鋸山へ行くときは、目的によって向かう場所が違います。

ロープウェイにのる場合は、「鋸山ロープウェイ」へ。

ロープウェイは使わず、地獄のぞきまで車で行く場合は、「登山自動車道(有料)」へ。

鋸山を登りたいという人は、「鋸山観光自動車道(無料)」へ。

目次にもどる

鋸山の感想と「トイレだけは要注意」

鋸山の頂上からみる景色はかなり綺麗でした。

ぶっちゃけると、地獄のぞきから見る景色より、頂上のひらけた場所から見る景色のほうが迫力がありました。

そして地獄のぞきを一度試そうと、行列が出来ていました。びっくりです。

上記にもちらっと書きましたが、傾斜が急だったり、頂上のあたりは足場が悪かったりするので、歩きやすい格好がオススメです。

そして、トイレは要注意です。

ロープウェイ・有料道路を使った場合、せっかく楽をして頂上付近までたどり着いたのに、一度山を下ることになります

トイレの場所が大仏広場の近くにあり、鋸山のちょうど中間地点にあるためです。

距離は全く近くないですし、階段も相当な数上り下りしなければなりません。

ちなみにわたしは大丈夫だったのですが、連れがかなりトイレに行きたかったので、頂上付近からトイレまで階段を駆け下りました。もはやスポーツです。

トイレに「漏れそう!!」と駆け込んでいる人も結構いたので、鋸山に行くときは、必ずトイレは済ませてからいきましょう!

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする