充実感を感じられる休日の過ごし方を考えてみた

5日間働いてやっときた休日、せっかくなら充実感あふれる休日にしたいですよね。

でも、たまに「あーなんか今週の休日イマイチだったな」とか「何もしないまま貴重な休日が終わってしまった・・」なんてガッカリすることもあります。

では、どうしたら充実した休日を送ることができるのでしょうか?

20代前半の頃のわたしは時間の使い方が下手くそで、なかなか充実した休日を過ごすことができませんでした。

ですが、数年間試行錯誤し、ようやくどうやったら充実感が得られるかわかってきたような気がするので、今日は充実感を感じられる休日について書こうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

休日に充実感を得られない原因を考えてみる

まず、なぜ休日に充実感を得られないのでしょうか。

大きく分けて以下の2つの理由が考えられます。

  • 何もしないまま休日が終わってしまった
  • やりたいことができなかった

前者の場合は、だらだら過ごしてしまって特に何もしないまま休日が終わってしまい、罪悪感を感じているパターンです。

後者は、だらだら過ごしてしまったor別の用事で忙しくて自分のやりたいことができなくて、後悔しているパターンだと思います。

では、どのように休日を過ごしたら、このように罪悪感を感じたり後悔したりせず、充実した休日を送れるのか考えてみましょう。

目次にもどる

休日のためにやりたいことを普段からリストアップしておく

まず、「何もしないまま休日が終わってしまった」の解決策です。

何もしない休日の罪悪感を解決するには、ずばり「何かをすればいい」のです。

ごく当たり前でシンプルな解決策ですが、とにかく何かすれば充実した休日を過ごすことができます。

そのために、「やりたいことを普段からリストアップ」しておくことをオススメします。

手軽に出来るものから少し時間がかかるものまで、最低20個くらいはリストアップしておくと良いでしょう。

そうすることで、空いた時間の長さによって、やりたいことをピックアップして、すぐ行動にうつすことができます。

わたしの場合は、お出かけが好きなので、近場から遠くまで、興味がある場所は常にピックアップしておきます。

ピックアップするときに、コストも一緒にメモしておくと、そのときのお財布事情に合わせてチョイスすることも可能です。

目次にもどる

「自発的」に何かをすると充実感を味わえる

次に、「やりたいことができなかった」の解決策を考えていきましょう。

やりたいことができない原因は、経験上、次の二つが考えられます。

  • ぼーっとしていたり、だらだら過ごしていたら、やりたいことができないまま、一日が終わっていた
  • 他の用事が忙しくて、やりたいことができなかった

前者の場合は、先にお話した、やりたいことリストの作成で回避することができそうです。

では、後者の場合はどうしたらよいのでしょう。

「他の用事」と「やりたいこと」の違いは、自発的に行動しているかどうかだと思います。

例えば、「他の用事」には家事や掃除などの他に、特に仲良くない友達に誘われたランチやあんまり乗り気じゃない飲み会なども含まれていると思います。

こういう他人から誘われた用事は、行ってみて楽しいこともありますが、「行くんじゃなかった・・時間の無駄だった・・涙」なんてことも多くないですか?

個人的には、やりたいことがある場合(例えそれが読書やゲームや映画でも)、行くかどうか迷ってしまうような誘いは断ってもいいと思います。

私も、昔は誘われた飲み会には全部参加していましたが、だんだん「時間がもったいないな」と思い、徐々にフェードアウトし、本当に大事な友達や興味のあるイベントにしか参加しないことにしました。

「予定がない=充実していない」というイメージがあるかもしれませんが、正直、惰性で参加していた飲み会で予定が埋まっていた頃より、自分のやりたいこと重視で過ごす今の生活のほうが充実しています。

行くかどうか迷う誘いにしぶしぶ行くより、自分のやりたいことに自発的に時間を使うほうが充実した休日を過ごせると思います。

目次にもどる

家事をすることも充実のひとつ

しかし、充実した休日を過ごすには「家事をすることも大切」です。

理由はとっても単純なのですが、もし家事をしないまま自分のやりたいことだけをやって休日が終わったら、どんな気持ちになりますか?

想像してみてください。

洗われていない食器に、溜まった洗濯物、埃だらけの床・・・なんかすんなり充実した気分味わえなくないですか?

わたしは一時、家事そっちのけで遊びほうけてた時期がありました。

でも、そのときはいくら充実した生活を求めても、なんとなく満たされることはありませんでした。

そして、ようやく気づいたのが、「楽しいことややりたいことだけではなく、やるべきこともしっかりやったほうが充実感が得られる」ということでした。

目次にもどる

まとめ

以上、今までの経験から、充実した休日を過ごす方法を考えてみました。

私はまだ独身なので、家事とやりたいことの時間配分に融通が効きますが、ご家族がいる方はまた違ってくると思います。

独身の場合は、家事もそんなに時間がかからないと思いますので、一気にささっとやってしまって、残りの時間は自分のやりたいことに充てて、充実した休日を過ごしましょう!

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする