ラグを自力で洗濯して盛大に失敗した話。

ラグやカーペットの洗濯、みなさんはどうしてますか?

そもそも洗濯可じゃない場合もありますが、ラグやカーペットって結構汚れますよね。

我が家のラグは洗濯不可でしたが、色々こぼして汚れてしまい、我慢の限界がきたので一か八か洗ってみることに。しかも自宅で。

自宅で洗ってみた理由は、試してみたい好奇心とクリーニングに出すのがめんどうだったからです。

結論を言いますと、ラグの洗濯は見事に失敗してとても後悔しました。

今日は、ラグの洗濯を考えている人へ向けて、失敗例をご紹介します。参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

今回のラグ洗濯で失敗したこと

失敗1:水をすったラグは想像よりはるかに重い

今回筆者は、ラグを浴槽で洗濯する方法を試しました。

ラグがそこそこ大きかったので、洗濯機に入りきらなかったからです。

ラグをたたんで浴槽にいれ、水と少しの洗濯洗剤をいれて踏み洗いをしました。

最初のうちは、汚れでみるみる水がにごってきて、「お、汚れ取れてるじゃん!」と喜んでいました。

しかし、満遍なく洗いたいのでラグをひっくり返そうと思ったところ、あることに気づきます。

ラグめっちゃ重い。

重いという範囲を通り越して、もはや腰を悪くするレベルの重さでした。

話は洗った後に飛びますが、女性の力では物干し竿にラグをかけるのは不可能だったため、彼氏に代わりに干してくれるようお願いしました。

しかし、彼氏ですら「重い」と言っていたので、女性一人暮らしの方はラグを洗濯するときは、かなりの覚悟が必要です。

※余談ですが、ラグを干した後物干し竿を確認したら、少し曲がっていました・・それくらい重かったんです・・

失敗2:洗っているうちにラグに異変が起きた

そして、2つ目の失敗です。

我が家のラグは洗濯不可表示がついていたにもかかわらず、筆者の洗いたいという欲求を抑えきることができず洗ってしまったわけです。

洗う前は、「まあ洗濯不可といったって、多少ラグの毛が抜けたり毛の感触が悪くなるだけだろう」と甘くみていました。

ところが、洗っているうちにみるみるラグに異変が起きてきました。

ラグがぬるぬるしてきたのです。

恐らくラグの毛をくっつけている糊か何かが溶け出してきたものと思われます。

それから、ラグの土台のかけらのような白いものが出てくるようになりました。

糊をキレイに洗い流したい気持ちもありましたが、洗えば洗うほどぬるぬるするので、強行突破でそのまま干すことにしました。

失敗3:乾かすのに3日間かかった

そして、最後の失敗です。

今回、アホな筆者は梅雨真っ最中にラグを洗濯してしまい、お天気に恵まれませんでした。

不幸中の幸いで、我が家のお風呂場には浴室乾燥機がついているのでそこで乾かすことに。

ぬるぬるするラグを彼氏に手伝ってもらいながら、なんとか竿に干すことができました。

しかし、濡れたラグの脱水が甘かったせいもあり、乾かすのになんと3日間かかりました。

ちなみにラグを浴槽で洗濯した場合、脱水は足で踏むしかないです。

正直なところ、途中でラグの重さにくじけて脱水をサボってしまったのも、乾かすのに時間がかかった理由の1つではないかと考えています。

目次にもどる

洗濯を失敗したラグ

ちなみに、今回洗濯を失敗してしまったラグはニトリのふんわりやわらかいラグという、割と毛が長めのふわふわした円形のラグでした。

ラグ自体はとてもおしゃれでかわいくてお気に入りだったのですが、洗濯はとてつもなく大変でした。

同じラグを使用している人は、クリーニングに相談するか、洗濯せずに汚れを取る方法を試した方がいいと思います。

目次にもどる

ラグはクリーニングに出した方がいい

最後に結論です。

ラグは洗濯せずにクリーニングに出した方がいいです。

あまり大きくないラグであれば今回私が試した方法でも洗濯可能かもしれませんが、そもそも洗濯不可の場合、のりでぬるぬるになる可能性が否定できません。

乾いた後はふわふわだった毛が糊でカピカピになっていました。

今後使い続けるか捨てるか、真剣に彼氏と協議中です。

ちなみに、上記では省きましたが、ラグが完全に乾くまで何度も何度もポジションを変えたりもしました。

そして乾かない時間が長かったので、雑巾のようなにおいもしてきてなかなか大変な思いをしました。

上記の様々な点を踏まえると、クリーニングに出した方が肉体的・精神的苦痛とラグのダメージが最小限ですむはずです。

※後日談ですが、雑巾のようなにおいが取れず結局このラグは捨てることにしました・・

目次にもどる

まとめ

さて、今回ラグの洗濯を盛大に失敗した話は参考になりましたか?

ネットで検索してみると成功事例もあるので、試したい方は自己責任で試してみてください。

ただし、洗濯不可のラグはのりでぬるぬるに可能性があるので、自力での洗濯は本当にオススメしません。

ラグのダメージが自分へのダメージになって返ってきますし、なによりぬるぬるのラグは本当に気持ち悪いです。

今回の経験で、次回からは、ラグはクリーニングに出すか、洗うのを諦めて新しいものを買うことにしました。

どうかラグを洗う前にこの記事を読んでもらえたら嬉しいです。

目次にもどる

掃除に関する記事も書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする