Meetupで英会話イベントに参加してみた。

Meetupというアプリをご存知ですか?

最近割と有名なのかもしれませんが、筆者ははじめて使いました。

Meetupとは、個人でイベントを開催したりイベントに参加したりできるアプリです。

イベントと行っても割と大規模なものから飲み会規模の小さなものまで様々です。

調べてみると、英会話や国際交流関連のイベントも多く開催されている模様。

これは英会話が趣味の筆者が参加しないわけがない!ということで知り合いと二人で千葉の英会話イベントに参加してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

Meetupで英会話イベントに参加してみた感想

さて、Meetupで英会話イベントに参加してみた感想を早速ご紹介しようと思います。

今回参加したイベントは、特にバーベキューなどのアクティビティではなく、ただおしゃべりするチャットイベントでした。

参加人数はホストもいれて6人。そのうち外国人は2人でした。

はじめてだったので1人で行くのは少々怖くて、知り合いと2人で参加しました。

場所はバーでお酒を飲みながら適当におしゃべりという感じでした。

出会い目的の人も多いのでは?と少し心配でしたが、既婚者の方の割合も人数の割には多く、出会い目的の人ばかりではないのだな〜と少し安心。

また、こういうイベントで、すでに内輪グループが出来上がっていてなかなか会話に入れない、なんてこともたまにあります。

そこも心配でしたが、外国人ホストの方が気を使って全員に話しかけてくれたので、その心配も払拭されました。

他にもたくさんのイベントが開催されているので、今回の経験だけではなんとも言えませんが、初めてのMeetupイベントは思ったより楽しかったです!

目次にもどる

コストも質もそれぞれ

Meetupは様々なイベントがあり、もちろんそれぞれのイベントで主催者も違います。

開催場所も違いますし、イベントの内容も違います。

ですので、参加コストもイベントの質もそれぞれです。

主催者もイベント開催に慣れていない場合もあるでしょうから、期待値低めでいくとあまり後悔しないのではないでしょうか。

参加してみないとわからない闇鍋感はスリリングでおもしろいなと思います。

目次にもどる

新しい人との出会いや社交性を鍛えるには良さそう

このようなイベントの醍醐味は、普段出会ったり話す機会がない人たちと交流できること。

普段のコミュニティが会社だけでマンネリしている人などにはいい刺激になると思います。

筆者の場合は、デスクワークばかりで人と話すよりパソコンと見つめあっている時間のほうが長いので、たまにこういうイベントに参加することにしています。

目次にもどる

英語をしゃべりたいときは積極的に

さて、英語学習者が一番気になるのは、イベントに参加したら思う存分英語がしゃべれるのか、ということですよね。

ここばかりは、積極性がモノを言います。

英語をしゃべりたかったら自分からガンガン話しかけに行きましょう。

筆者もやりがちなのですが、日本人同士で固まって日本語で話し始めてしまったりすると、どんどん英語を話すチャンスは遠のいて行きます。

もし自分が逆の立場だったら、英語ネイティヴたちががんがん英語しゃべっているところに割って入るの勇気いりません?

それと同じで外国人の方たちも、日本語でガンガン会話している中には入りづらいと思います。

また、もし外国人に話しかけられて英語を話すチャンスがあったのに、あまり会話が続かなかった…なんてこともありますよね。

会話を続けるコツとしては、相手に興味を持って色々質問してみるのがオススメです。

自分から会話を提供するのももちろんアリですが、その話題が盛り上がらないリスクもあるので少しハードルが高いかもしれません。

誰にでも通用しそうな質問をあらかじめ考えておくと安心ですね。

目次にもどる

まとめ

以上、初めてのMeetupでの英会話イベントについての感想でした。

まだ一度しか行っていないので、今度は何かアクティビティ系のイベントに参加してみたいと思います。

ほんの数年前まで、英会話関連のイベントを探すのに苦労していた記憶があるのですが、時代はどんどん便利になっていくのですね。

自分がイベント主催者になってみるのもおもしろいかもなーと思いました!

他にも色々な方法で英会話や英語を勉強しています!

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする