引越しの買い出しで失敗しないための9つのチェックリスト。

新しい家に引っ越し・・・とても楽しみでワクワクしますよね。

一方、引っ越しはとても大変な作業でもあります。

さらに、はじめて引っ越しするときは一体何を買えばいいのかよくわからないものです。

筆者は今まで引っ越しを4回経験しています。

はじめて自力で引っ越ししたときは、引っ越した後色々足りなかったり、買ってきたもののサイズが合わなかったりで色々苦労をしたのを覚えています。

今日は少しでも引っ越しの買い出しの失敗を少なくするためのチェックリストをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

引っ越しの買い物で失敗しないための9つのチェックリスト

カーテンを買うために窓の高さを測る

窓の高さはそれぞれの物件によって高さが違いますので、必ず確認してから買いに行きましょう。

筆者は二回ほどカーテンの長さで失敗したことがあります。

あらかじめ電気が設置されているか確認する

電気が設置されているかどうかも確認したほうが良いです。

前住んでいた人がそのままにしていた場合はあらかじめ設置されていることもあります。

前住んでいた人が電気も持っていったり、新築だったりすると電気が設置されていないので内覧の時点で確認しましょう。

電気がない場合、電気の接続部分を確認する

そして電気がない場合、設置する接続部分を確認してから買いに行くのがオススメです。

物件の古さによって接続部分が違うことがあるからです。

筆者は電気屋さんで聞けるようにスマホで撮影してから買い物に行っています。

トイレの便座の形、ウォシュレットの有無を確認する

トイレの便座カバーもトイレの便座の形やウォシュレットの有無によって、形が変わります。

いざ買いに行って思い出そうとしても、なかなか思い出せなかったりします。

部屋の大体の縦横の長さを測る

カーペットやラグを買うのであれば、部屋の縦横の長さは絶対把握しておいたほうが良いです。

買うつもりがなくても家具屋さんに行ったら買いたくなる可能性もあるので、測っておいて損はないでしょう。

コンセントの位置、数を確認する

コンセントの位置と数も確認しましょう。

家電の数や配置によっては延長コードが必要になるからです。

フライパンを買うときは、IH対応か確認する

フライパンを買うときに忘れがちなのが、IH対応かどうかということです。

はじめて引っ越しをされる方は、他にも色々てんやわんやでフライパンがIH対応かどうかまで気が回りませんよね。

ガスの場合は大体のフライパンが対応しているので良いですが、IHの場合は対応していないフライパンもあるので気をつけてくださいね。

物干し竿をかける場所の長さを測る

物干し竿をかける場所も長さを測っておいた方がいいです。

この長さも物件によってバラバラです。

フローリングの場合、家具につける床傷防止のシールを買っておくと安心

最後はマストではありませんが、フローリングの場合は床傷防止のシールを買っておくと安心です。

床に傷がついて敷金が返ってこなかったら悲しいですよね。

あらかじめどのくらい必要なのかチェックしておくと、買い物に行った時困らないでしょう。

目次にもどる

まとめ

以上、今まで筆者が引っ越しの際に経験した買い物の失敗をもとにチェックリストを考えました。

間違えて買い物して後から返品したり、また買い物に行くのもめんどくさいですよね。

それに女性の場合はカーテンは必要不可欠ですし、出来れば初日にちゃんとしたものを揃えたいところ。

社会人の方だと引っ越しの時間も限られているかもしれないですし、買い物も無駄なく効率的に済ませたいですよね。

ぜひ、このリストが引っ越しのときに役立つことを願っています。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする