時間の節約に一番有効なのは人混みを回避することだと思う。

忙しい毎日、どうやって趣味や勉強の時間を捻出するか悩んだことはありませんか?

筆者はほぼ毎日悩んでいます。

どうやったら今より有効に時間を使えるだろう?どうやったら今より時間を確保できるだろう?と毎日毎日考えています。

有意義に時間を使うために、筆者は何の時間が無駄なのか考えました。

そして出た結論が、「時間の節約に一番有効なのは人混みを回避すること」ということです。

今日は筆者がどのように時間を節約して、勉強や趣味の時間を捻出しているのかご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

人混みは時間がかかるし無駄が多い

まず、人混みは時間がかかりますし、無駄が多いです。

スーパーが混んでいる時間に行くとお会計で予想以上に待たされたりしますし、お昼ご飯も12時付近に行くと並ばなければいけないことも多く時間がかかります。

そして、満員電車は座れなかった場合、出来ることが大幅に制限されて電車に乗っている時間が無駄になります。

カフェなども午後の混んでいる時間に行くと、座れなかったり思ったよりも長居できなかったりして、別のカフェを探したりと時間も手間もかかりますよね。

このように、当たり前ですが人混みは時間がかかりますし無駄が多いです。

「人混みだから仕方ないね」ではなく、どうやってこの無駄を減らして時間を作るのかが大切だと思います。

目次にもどる

人混みの避け方

では、人混みの避け方についてご紹介します。

もはや紹介するまでもないのですが、人混みを避けるには時間をずらすのが一番です。

スーパーは休日のお昼ご飯どきがすいていますし、ランチも少し早めに行ったり遅めに行くとすいているのですんなりお店に入れます。

満員電車は快速ではなく各駅停車にすれば座れるかもしれませんし、カフェだって朝一にいけば座れますし気兼ねなく長居もできます。

筆者は出来るだけ上記のことを実践して、勉強や趣味の時間を作るように心がけています。

電車に乗るときも自分が乗ることができる一番早い電車に乗れば、早く家に着くから時間ができると思うかもしれません。

しかし、数分後に座れる電車が来るならその電車を待って座ったほうが、トータルで使える時間は多くなります。

一見遠回りに見えても、トータルで見ると実は使える時間が多くなることもあるので、自分の生活にもそういったことがないか考えてみましょう。

目次にもどる

人混みを避けるようになってから時間が増えた

以前は特に人混みなど考えずに、快速のほうが乗車時間が短いから家でギリギリまで寝られるし、休日も勉強したいけど朝はゆっくりして午後からカフェに向かったりしていました。

でも快速は混んでいて座れないどころか満員電車で身動きすら取れないこともありますし、午後のカフェは混んでいてとても長居できる雰囲気ではないですし満席で座れないこともあります。

この無駄も積もり積もるとかなりの時間になりますし、やりたいことを出来ないとストレスも溜まります。

平日は朝30分早起きして座れる電車にのり、休みの日は平日より少し遅く起きるくらいにして朝のすいているカフェに行くようにしてから、時間を無駄にするストレスが減り、使える時間もかなり増えました。

朝30分早起きしても通勤時間が50分なら+20分時間が生まれるわけで、早起きした価値は30分以上の価値になりますよね。

このように出来る限り人混みを避けて無駄な時間を減らしたところ、以前より勉強する時間や本を読む時間、ブログを書く時間が確保できるようになりました!

目次にもどる

田舎に住んでいた頃は時間の流れが遅かった(ように感じる)

余談ですが、昔すごい田舎に住んでいた頃は時間の流れが今より遅かったように感じます(今は首都圏に住んでいる)。

その田舎は、村全体でコンビニが一件しかないようなど田舎でした。

病院やスーパーでの買い物など用事を足すにしても、ほとんどの施設が1件ずつしかないので、どこの病院に行こうかとかどこのスーパーのほうが安いなど選択肢もありませんでした。

田舎に住んでいた頃時間が流れるのが遅かったのは、①このような選択肢で悩む必要がなかったこと、②そもそもどこに行ってもすいていて待ち時間がなかったこと、③用事を足した帰り道も特に何もないのでより道せず帰っていたこと、このような理由で時間が有り余っていたからだと思います。

上記の①、②、③は首都圏に住んでいても、選択肢をあらかじめ決めておくことや、人混みの回避、寄り道はしないなど、工夫すれば実践できそうですね。

目次にもどる

まとめ

田舎に住んでいた頃は、自分がこんなに時間がないことで悩む日が来るなんて思ってもいませんでした。

何も意識せず日々を過ごしているとどんどん無駄は増えていくと思います。

何か悩みごとや困ったことがあったら周りの環境を変えるのではなく、自分が変わるのが一番手っ取り早い解決策です。

時間がないと思ったら、自分の普段の生活を見直し、省ける無駄はないか考えてみましょう。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする