【どっちがいいの?】メガネからコンタクトに変えてみて、良かったこと・悪かったこと。

筆者は約10年ほどのメガネ生活を経てコンタクトデビューしました。

メガネ生活と言っても、メガネをかけた自分の顔があまり好きではなかったので、必要なときだけしかメガネはかけませんでした。

メガネをかけ始めたころからコンタクトに興味はあったのですが、(当時中学生だったので)親からの反対もあり断念したり、社会人になってからはメガネよりコストがかさみそうでなかなか踏み切れずにいました。

結論としては、筆者はコンタクトに変えて良かったな、と思っています。

今日は、メガネからコンタクトに変えてみて良かったことや悪かったことをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

メガネからコンタクトに変えたきっかけ

はじめての転職のタイミングと合わせて、メガネからコンタクトに変えたのを覚えています。

きっかけは、転職する前の職場ではPCで作業するときだけメガネをかけていてその他の時間は外していたのですが、メガネをしていないと目つきが悪いと言われたからです。

目が悪い人あるあるだと思いますが、目が悪いと物を見るとき目を細めますよね。

その目を細める仕草が目つきが悪くなる原因なのですが、当の本人は別に不機嫌なわけではなく単純に物を見ようと必死なだけなんですよね。

でも、そう言われたのは社会人になってからが始めてではなく、学生時代から言われていました。

目つきが悪いと思われると、第一印象で損することもかなり多かったので、転職のときに思い切ってコンタクトに変えてみることにしたのです。

目次にもどる

メガネからコンタクトに変えて良かったこと

表情が明るくなり、「怖い」と言われなくなった

コンタクトにして目を細めることがなくなり表情が明るくなったことで、「怖い」と言われなくなりました。

それから、コンタクトを入れると目が少し大きくなります。

大きくなるというか、コンタクトを入れることで裸眼のときよりも目の開く縦幅が少し大きくなるように感じます。

そのおかげかコンタクトといれると裸眼のときよりも表情が明るく見えます。

自分に自信が持てるようになった

上で書きましたが、表情が明るくなり「怖い」と言われなくなったことで自分に自信がもてるようになりました。

表情が明るくなったからなのか、自分に自信が持てたからなのかはわかりませんが、周りの人から話しかけられる回数も増えた気がします。

(個人的に)メガネよりも疲れない

個人的にコンタクトのほうがメガネよりも目が疲れません。

メガネの度数にもよると思いますが、わたしの場合コンタクトのほうが見え方が心地よいからだと思います。

それから、筆者はメガネを長時間していると頭痛が起こることがあるのですが、コンタクトの場合は今のところ頭痛がありません。

目次にもどる

メガネからコンタクトに変えて悪かったこと

メガネより手間とコストがかかる

最初から覚悟はしていたのですが、コンタクトはメガネよりも手間とコストがかかります。

筆者はズボラなので手間を減らすためにワンデータイプのコンタクトレンズを使用しています。

大体一カ月5000円くらいのコストがかかっています。

ツーウィークタイプなどにした場合、コストはワンデーより安く済みますが、その代わり洗う手間がかかります。

目にゴミが入ると悲惨

それから、目にゴミが入ると悲惨です。

メガネもしくは裸眼であれば、目をこすったり水ですぐ洗ったりできます。

しかしコンタクトの場合は、目をこすったらいけないですし、水で洗うこともできません。

一度コンタクトを外して、目のゴミを除去して、専用の洗浄液でコンタクトレンズを洗ってから再び装着しなければいけません。

目次にもどる

シーンによって使い分けるのもあり

コストや手間が心配であれば、シーンでコンタクトを使い分けるのもありです。

仕事のときはメガネで、休みの日や平日用事がある日だけはコンタクトにしている知り合いがいます。

普段はツーウィークタイプを使用して、旅行のときだけワンデータイプを使用している知り合いもいます。

どの程度コンタクトで過ごしたいかや予算によって、メガネとコンタクトを使い分けたり、ツーウィークとワンデーを使い分けたりするのが良いと思います。

目次にもどる

まとめ

以上、メガネからコンタクトにしてみて良かったことと悪かったことを紹介しました。

筆者はとてもズボラなので、コストはかかりますがワンデーしか使ったことがありません。

ツーウィークの方がかなり安いのですが、毎日洗うのはちょっと・・・めんどくさいです。

以上、メガネとコンタクトで迷っている方の参考になれば幸いです。

コンタクトに関しては、以下の記事も書いています。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする