【いつものお茶に飽きたら】変わり種のお茶4選をご紹介。

お茶と言われて思い浮かぶのは、「ほうじ茶」「緑茶」「紅茶」などでしょうか。

筆者はお茶が大好きで、家でも職場でも出先のカフェでもお茶を飲みます。

一日最低でも2杯、多いときは4〜5杯飲んでいるかもしれません。

さすがにこんなに飲む頻度が多いと、普通のほうじ茶や緑茶だけでは飽きてしまいます。

ですので、日頃から新しいお茶探しを意識していて、新しいお茶を見つけたら試すのが楽しみの一つです。

今日は今まで飲んだお茶の中でオススメの変わり種のお茶をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

トワイニングのレディグレイ、ジャスミンアールグレイ

紅茶が好きな方ならご存知の方も多いトワイニング(Twinings)というメーカーがあります。

トワイニングはややお高めですが、いつも普通の紅茶をメインで飲んでいる方は、たまにはトワイニングのレディグレイもしくはジャスミンアールグレイという紅茶を飲んでみてください。

レディグレイもジャスミンアールグレイも、普通のアールグレイを少しアレンジしたものです。

ちなみに、アールグレイとは以下のような紅茶を指します。

ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、 フレーバーティーの一種。

引用元:Wikipedia

レディグレイはさらに柑橘系の風味を強くしたような味わいでスッキリ爽やかに飲めます。

ジャスミンアールグレイは柑橘系というよりはお花の香りに近いような風味で、優雅に味わえます。

どちらもアールグレイ好きにはかなりオススメですし、ジャスミンティーが好きな方はきっと気に入ると思います。


目次にもどる

砂糖が入っていないのに甘い、甘茶

次にオススメするのは、「甘茶」というお茶です。

この甘茶は砂糖が入っていのに甘い(もちろん人工甘味料も)お茶なのです。

甘茶はアジサイの仲間の若い葉を乾燥・発酵させることで、甘くなるようです。

あまりスーパーでは見かけることがないので、個人的に珍しいお茶だなと思っています。

また、甘茶自体を砂糖などの甘味料の代替品として使用したりもするのだとか。

ノンカフェインなので寝る前にも飲めるので、筆者は甘茶が大好きです。

天然由来な甘さとは思えないくらい甘いので、ダイエットをしている方にもオススメです。

ただし、あまり濃くしすぎると副作用があるらしいので、そこだけ注意してください。

目次にもどる

色々なブレンドティーやフレーバーティー

ご紹介したいブレンドティーやフレーバーティーがたくさんあるので、まとめて紹介します。

普通のお茶に飽きたら、かたっぱしからブレンドティーを楽しむのもオススメです。

筆者は、玄米茶とグリーンルイボスティーをブレンドしたものや、カモミールティーにハニーフレーバーをつけたフレーバーティーが好きです。

普段飲み慣れているお茶でも、別のお茶とブレンドされたりフレーバー付きだと、また違った味わいを楽しむことができます。

妊娠中だとカフェイン入りのものが飲めず退屈するかもしれませんが、ノンカフェインのブレンドティーやフレーバー付きのハーブティーもたくさんあるので、飽きずに飲むことができると思います。

ちなみに以下のお茶は、どちらもノンカフェインです。


目次にもどる

ティーバッグに入っていないインスタ映えなハーブティー

趣味のカフェ巡り中に偶然発見したのですが、ル・ベネフィックというティーバッグに入っていないハーブティーを見つけました。(公式インスタグラムにたくさん写真が掲載されています)

見た目もとてもオシャレなので、家カフェで雰囲気を出したいときにピッタリですし、インスタ映えもすると思います。

ハーブ(お花)の種類も色々とあり、カモミールやエルダーフラワーといったメジャーなものから、プリムロースやヤーロウといっためずらしいものまで幅広いです。

私は、ラベンダーフラワーを飲んだのですが、味は好き嫌い分かれるかもしれません。

ラベンダーフラワー以外の味はわかりませんが、最初はアソートパックのような色々な味が入っているものでお気に入りをみつけるのがオススメです!

目次にもどる

普通の飲み方に飽きたらミルクで

ハーブティーやフレーバーティーも普段はお湯で飲むと思いますが、飽きたらミルクでも楽しむことができます。

スターバックスに行くと、カモミールティーやほうじ茶もティーラテとして販売されています。

わざわざスターバックスまで行かなくても、カモミールティーやほうじ茶のティーバックさえあれば、家でも楽しむことができます。

牛乳を温めた後ティーバックを入れて、お好みでバニラエッセンスを振りかければ立派なティーラテ(もどき)が出来上がります。

アールグレイ系の紅茶もミルクとの相性が良いと思います。

自宅で牛乳と色々なお茶との相性を試してみるのも、飽きずにお茶を楽しむ秘訣です。

目次にもどる

まとめ

以上、お茶好きな筆者による変わり種のお茶紹介でした。

筆者はかなりお茶が大好きで、覚えているだけでも20種類以上のお茶を試しています。

お土産で海外のお茶をもらったりすると、とても嬉しくなってしまいます(笑)

コーヒーと比べると、お茶は色々な種類があって選ぶのが本当に楽しいです。

スーパーによってお茶の品揃えが違うので、スーパーに行くたびに必ずお茶コーナーをチェックするようにしています。

最近は外でお茶する代わりに家カフェを楽しんでいるので、これからも美味しいお茶を見つけたら紹介していきたいと思います。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする