家カフェのすすめ【カフェ代を節約したいなら】

カフェや喫茶店めぐりが趣味の筆者ですが、カフェ代も積もり積もると結構な金額になりますよね。

お財布事情が厳しいときは、カフェに行くのをためらってしまうこともあります。

でも、仕事終わりや週末はカフェでゆっくりしたいな、なんて思うこともたくさんあると思います。

お金がないからと言ってカフェを我慢してばかりではストレスも溜まってしまいますよね。

筆者は集中して作業したいときは早朝にスタバを利用したりするのですが、最近は家カフェの回数がかなり増えました。

家カフェも工夫次第では、カフェに行くよりも楽しめるからです。

正直言って、クオリティの低いカフェでコーヒーやお茶やケーキを頼んで、一度に千円以上使うよりも、家カフェのほうが安く済みますし満足度が高いと思っています。

今日は、筆者なりの家カフェの楽しみ方をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

自分好みにアレンジ出来る。家カフェの楽しみ方

自分好みのマグカップを用意する

まずは、自分好みのマグカップを用意しましょう。

マグカップじゃなくても構いませんが、とにかく自分好みのオシャレな食器を少し奮発して買いましょう。

マグカップがオシャレになるだけで、雰囲気がかなり変わりますし気分も上がります。

筆者はディーンアンドデルーカのマグカップを愛用しています。

サイズはスタバのトールサイズくらいでたっぷり飲めますよ。

家で勉強や作業をするときは、保温機能のあるTHURMOSのタンブラーを愛用しています。

見た目もスタイリッシュですし、飲み物が温かいまま長い時間楽しむことができます。

個人的には、そのうち北欧のブランドのカップや、美濃焼のような日本ならではのカップも欲しいなと思っています。

カップを変えるだけで、がらりと雰囲気が変わるので、お気に入りを何種類か持っているといいかもしれないですね。

飲み物のレパートリーを増やす

皆さんは普段家では何を飲んでいますか?

筆者は正直コーヒーよりお茶派なので、家には常に5種類くらいのお茶を準備しています。

お茶を集めるのが趣味の一つで、色々変わったお茶を試したりしています。

お茶の飲み方もストレートで飲むだけではなく、ミルクにティーバッグを入れてバニラオイルを少し足してラテ風にして楽しんだりしています。

コーヒーにもバニラオイルを出せばフレーバーコーヒーのようにして楽しむことができますよね。

コーヒーは、正直下手なお店よりドリップコーヒーのほうが美味しかったりします。

ココアも、ウィスキーを少しいれたり、シナモンをふりかけたり、マシュマロを浮かべたり色々なアレンジができます。

下記の本など、他にも飲み物のレシピを探せば色々ありそうですね。

ぜひ、自分のお気に入りの飲み物を見つけてみてくださいね。

お気に入りのスイーツを取り寄せる

カフェのケーキも美味しいですが、筆者はマカロンが大好きです。

でも、マカロンが置いてあるカフェってなかなかないんですよね…。

家カフェなら組み合わせ自由ですので、自分が好きなお菓子とコーヒーや紅茶を合わせることができます。

スイーツは出来れば小分けになっているものや冷凍になっているものを頼むと、何回かに分けて食べられるので節約にもなりますね。

お取り寄せスイーツなんて贅沢だな、と思うかもしれませんが、コーヒーやお茶とお菓子を合わせてもカフェ代よりは断然安く済みます。

ちなみに、筆者はアールグレイとマカロンの組み合わせが大大大好きなのですが、この組み合わせはなかなかそこらのカフェでは実現しません。

カフェだとアールグレイ一杯300円以上しますが、家カフェなら一杯20〜30円程度です。

マカロンは単品200〜300円くらいですので、アールグレイと合わせても350円以内に収まりますね。

自分の好きなマグカップと好物のお菓子とお茶がカフェに行くより安く楽しめるなんて、最高じゃないですか。

目次にもどる

まとめ

上記で紹介した、食器・飲み物・お菓子を自分なりに工夫してこだわることで、家カフェもかなり満足出来るものになると思います。

あとはインテリアもオシャレにしたら更に雰囲気が出るんだろうな〜と考えていますが、インテリアまで変えようとすると結構お金がかかりますし、こちらはまだ実行に移せていません。

将来的には、窓際にソファとサイドテーブルを置いて、出来れば観葉植物も飾ったりして、そこで本を読んだり映画鑑賞しながらまったり家カフェするのが目標です。

以上、家カフェの紹介でした。

家カフェに興味のあるみなさんの参考になれば幸いです。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする