東京ドイツ村に犬と触れ合いに行ってみた【わんちゃんと遊びたい】

犬や猫が好きなのですが、夫婦共働きで家を空ける時間も多いので、なかなかペットが飼えず悶々とした日々を送っている筆者です。

犬か猫を飼いたいな飼いたいなと思いつつも、なかなか環境が整わず実行できずにいますが、どうしてもたまにわんちゃんや猫ちゃんと触れ合いたくなってしまいます。

そういうときは、猫カフェや保護犬カフェにお邪魔したりして、相手をしてもらっています。

筆者は千葉県在住なので、主に千葉県内の動物と触れ合える施設にお邪魔しています。

これまでも、犬と触れ合えるレイクウッズガーデン保護犬カフェpet it maisonという猫カフェに行きました。

今回は、千葉県の東京ドイツ村でも小型犬と触れ合えるコーナーがあるということで、実際に行ってみたので、感想をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

東京ドイツ村のわんちゃんランドに行ってみた

結論から申し上げますと、今回はわんちゃんと触れ合うことが出来ませんでした。

理由はゴールデンウィークということもあり、めちゃくちゃ混んでいたからです。

ただ、口コミを見る限りだとゴールデンウィーク以外でも、わんちゃんとの触れ合いコーナーは大人気のようで、時間通りに行ったのにすでにチケットが売り切れていた方もいらっしゃいました。

東京ドイツ村の犬と触れ合えるコーナーは、時間が決まっており、何時に行っても体験できるわけではありません。(一緒にお散歩出来るコースと、ただふれあえるコースで時間が違います)

ホームページを見る限りだと、ふれあい用チケットを購入する等書いておらず、一回500円とだけ記載されています。

ですが、どうやらチケットを購入する必要があるようで、混んでいると早い段階でそのチケットが売り切れてしまうとのこと。

ということで、筆者が行ったのは午後2時半くらいでしたが、その段階ではすでに当日の受付は締め切られていて犬と触れ合うことができませんでした。

トイプードルやダックスフンドなど、主に小型犬の子たちがいるので、大人気なのかもしれませんが、東京ドイツ村に行った目的はわんちゃんとの触れ合いだったので、正直かなりがっかりしました・・・。

というのも、ドイツ村は入場する際に駐車料金と入園料をどちらも支払うため、すでに駐車料金1,000円+二人分の入場料を支払っていたからです(せっかく料金を支払ったのだからということで、その日はお花を見てお土産コーナーでパンとソーセージを買いました・・)

正直に申し上げますと、犬との触れ合いが主な目的で東京ドイツ村に行くのは少しリスキーな気がします。(特に土日の混んでいる日)

今回筆者が行ったのはゴールデンウィーク真っ最中だったので、想像以上に混んでいただけなのかもしれませんが、行く前に確認出来るのであれば確認したほうがいいかもしれません。(筆者は確認せず行ってしまったので、なんとも言えないのですが)

目次にもどる

まとめと犬とふれあえる他の施設のご紹介

以上、大変不甲斐ない結果で恐縮なのですが、東京ドイツ村に犬と触れ合いに行ってみた感想でした。

東京ドイツ村は結構山の中にあるので、せっかくわんちゃんに会いに行ってもふれあうことができなかったら、ガッカリしてしまいますよね。

犬とふれあうことが主な目的であれば、千葉県茂原市にあるレイクウッズガーデンのほうがオススメ出来るかもしれません。(レイクウッズガーデンについての記事はこちらです)

レイクウッズガーデンでも、犬とのふれあいやお散歩体験をすることができます。

筆者が行ったときは、お散歩体験はできなかったのですが、土曜日の14時半くらいに行ってもわんちゃんとのふれあいは楽しむことができました。(季節によって終了時間が違うようですので、そこはご注意ください)

東京ドイツ村は小型犬ですが、レイクウッズガーデンは中型〜大型犬とふれあうことができます。

どうしても小型犬がいいというのあれば、千葉県印西市にある保護犬カフェでもトイプードルやダックスフンドなどの小型犬とふれあうことができます。(保護犬カフェについての記事はこちらです)

わんちゃん達のストレスにならないためにも、時間に制限があることは理解できますが、せめて公式HPにチケット制ということなど記載しておいてほしいな、というのが正直な感想です。

以上、東京ドイツ村のわんちゃんランドの感想でした。

みなさんの参考になれば幸いです。

目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする